行政書士はあなたの身近な相談役 お気軽にお問い合わせください

入管・外国人

  • HOME »
  • 入管・外国人

 

【在留資格(ビザ)の申請】

外国の方が日本に入国し滞在するためには、入管法で定められた27種類の在留資格のいずれかに該当していることが必要です。そして在留資格に該当していることを証明するために、海外の日本大使館・領事館等で査証(ビザ)の発給を受けるか、日本国内の入国管理局で在留資格認定証明書の交付を受けなければなりません。

行政書士は、入管業務の専門家として、入国前の「在留資格認定証明書の交付申請」の手続きや、入国した後の「在留期間更新許可申請」「在留資格変更許可申請」の手続きを取り扱っています。

特に、入管制度に関する特別な研修を受け試験に合格した「申請取次行政書士」にご依頼いただきますと、申請者ご本人の入国管理局への出頭が免除される制度が適用されますので、時間と手間を節約することができます。

また、こうした申請手続きのみならず、国際結婚、外国人労働者の採用、外国人による起業といった場面でも、行政書士の豊富な経験と知識が大いに活かされています。

【帰化許可申請(日本国籍の取得)】

外国籍の方が、元の国籍を失い日本の国籍を取得することで、日本人になることを帰化といいます。

日本国籍は、法務大臣に対して「日本人になりたい」旨を申請し、許可されてはじめて与えられます。

この帰化の許可申請には、居住条件、能力条件、素行条件、生計条件、重国籍防止条件といった厳しい条件をクリアすることに加え、膨大な資料、複雑な手続き、たくさんの時間が必要です。

また、帰化を希望される方の状況・経歴は、人それぞれで異なっており、多くの方が、帰化に対する不安や悩みをお持ちです。

行政書士は、帰化許可申請の専門家として、こうした不安や悩みに対するアドバイスから、実際の帰化申請手続きの代行まで、ご希望の実現に向けて幅広いサポートをしています。

日本への入国、在留(ビザ)、帰化をご検討中の方は、ぜひ一度行政書士にご相談下さい。

東京都行政書士会江東支部では、外国人・国際業務関係向けの無料相談会を月一で開催しています。どうぞお気軽にご利用ください。

 

<外国人・国際業務関係向け無料相談会>

毎月第一月曜日(休日の場合は翌週。1月はありません。)

13:00~16:00 @江東区役所2階ホール

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.