2016-01-21 13.57.45

平成28年1月21日(木)、江東区役所2Fにて、行政書士会江東支部の無料相談会を実施致しました。今回は区役所での本年最初の相談会でした。

相談会にお越しいただく方の人数は毎回ばらつきがあります。大変多くの方にお越し頂き順番待ちでお待たせしてしまうこともあれば、余裕があって(必要以上に?)ゆっくりお話させて頂けることもあります。今回は比較的ご相談者様が少なめだったため、「ついでに聞いておこうと思うんだけど・・・」と、気にかかっていたことをまとめてお話される相談者様にゆっくり対応させて頂くことができました。

相談会では毎回相続についてご相談を頂くのですが、今回も相続、特に遺言書の書き方についての相談を多く頂きました。「後で子どもの世代に揉め事を起こして欲しくないので、一応今から準備しておきたい」とおっしゃる方が多く、トラブルを未然に防ぐいわゆる「予防法務」を仕事とする行政書士としては、意識の高い相談者様が増えていることについて大変嬉しく思います。

ただ、お話を伺うと、遺言書を作成することについて意外に簡単に考えておられる方が多い印象があります。遺言書は単なる書置きではなく、法律的な手続きですので、法律の方式に従って正しく作成する必要があります。法律の専門的な手続きについてなかなか触れる機会がない方も多いと思いますので、遺言書作成をお考えの場合は一度は専門家の話を聞いておくのがよいと思います。無料相談会はそのような機会としては絶好の場だと思いますので、是非お気軽にお立ち寄り頂きたいと思います。

本年も定期的に相談会を実施しておりますので、どうぞ行政書士会江東支部を宜しくお願い致します。