6月9日、豊洲文化センター8Fにて、「行政書士による無料相談会」を開催させて頂きました。ご相談に来られる方が多くお待たせしてしまうこともあれば、比較的余裕のあることもあるのですが、今回は一組の相談が終わるとちょうど次の一組のご相談者様がいらっしゃるという形で、お待たせする時間も相談の時間もほぼ過不足なく対応させて頂くことができました。区役所と違い8Fまでご足労頂かなければならないため、ご相談者様に気軽に来て頂けるだろうかという不安もあったのですが、私たちが会場の準備のため到着すると、なんと相談会会場を探して来られた相談者様がもう窓口にいらっしゃっておりました。大変ありがたく思います。

江東区にお住まいの方はご存知かと思いますが、江東区は南北に広く、また東西の移動に比べその南北間の移動が少々難儀なところがあります。昨秋より豊洲での相談会を開催させて頂いておりますが、それほど間を空けず相談者様に来て頂けるのを見ると、南部地域にお住まいの方の「ちょっと聞いてみたい気はするけど、わざわざ区役所まで行くのはなぁ・・・」という「ちょっとした相談事」に対応できる機会が増やせているようで大変嬉しい限りです。

もっとも、「ちょっとした相談」であっても、やはり専門家に聞いてみるメリットは大きいように思います。ご相談の多い相続などについては、相談者様ご自身でも(こちらも驚くほど!)よく調べられてから来られる方もいらっしゃるのですが、やはり実際の手続などについてお話すると、嬉しいことに「やっぱり聞いてみないと分からないことも多いなぁ。今日は来てよかった」というようなことを言って頂けることも多いです。

「街の法律家」行政書士の無料相談会を、地域の皆様の「ちょっとした相談事」にどんどん利用して頂ければ幸いに思います。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

趙 道明

豊洲写真豊洲相談会2