11月17日(木)午後1時から、江東区役所2階ホールにおいて「行政書士による無料相談会」を実施しました。
今回も開始時間前から多くの方がおいでになったため、時間を早めて開始しました。

dsc_3238kai1

相続では、ご自身の財産を特定の方だけに相続させたいとか、特定の人に多く相続させたいがどうしたらよいかというご相談が複数ありました。
そのような場合には遺言書を遺すのが効果的ですが、相続人の中には、最低限の遺産(遺留分(いりゅうぶん))を受け取る権利がある方もあるので、遺言書を書く場合、それらの方々の権利に配慮する必要があることなどを説明しました。

また、相談者の中には高齢でお一人暮らしの方も何人かいらっしゃいましたが、お話をうかがっている中で、この先、体が不自由になったり認知症になったりしたときことが心配だとのお悩みを打ち明けてくださる方々がいらっしゃいました。
そのような方には、将来に備えて今のうちに任意後見契約を結んでおく方法があることを説明したところ、そのような方法があることを初めて知ったけれど、前向きに検討したいと、みなさんに関心を持っていただきました。

このように、相談会ではお話しをうかがっている中で、私たち専門家から見て、ご相談の内容だけでなく別のことでも、その方にとってより良い制度などがあることをアドバイスすることもできます。
ちょっとした疑問についての相談でも構いませんので、遠慮なく無料相談会をご利用ください。

立山 昭浩