東京都行政書士会江東支部

研修のご案内

HOME | お問合せ | 他支部合同研修会

他支部との合同研修会

【6支部共催研修会】

文京・台東・江東・墨田・中野・北 6支部共催研修会
「在留管理上の各種届出と在留資格審査への影響および申請取次制度再考
        -「住所」と「住居地」の違いとその実務への影響など-」

(趣旨)

  1. 新しい在留管理制度が平成24年7月に施行されてから9年が経過し、徐々に在留資格審査において各種届出の履行が重視されるようになってきました。
    今一度、在留管理上の届出制度についてその意義を確認し、実例を紹介しつつ在留資格審査にどのような影響があるのかを確認します。
  2. 平成21年改正入管法で申請取次制度の対象が拡大するとともに、その根拠規定は大変複雑なものになりました。行政書士のみならず、受入れ機関の職員、さらに外国人本人の親族・同居者の立ち位置、さらには最近新たな取次者になった登録支援機関の職員について確認します。
  3. 時間が許せば、最近の東京入管の審査実例についても紹介します。

 
令和4年2月16日(水)18:00~20:00
Zoomログイン開始17:45

会 場

Zoomによるオンライン講義

講 師

林幹会員(東京都行政書士会中野支部・元日行連申請取次管理委員会委員)

受講料

無料

定 員

500名

≪申込方法≫

2月5日(火)まで(必着)。
件名を「6支部共催研修会」とし、氏名、支部名、連絡先電話番号、メールアドレスを明記のうえ、台東支部研修担当 福本健一宛にメールでお申込みください。
申込みメールアドレス:dream@maruken.biz
 

荒川