東京都行政書士会江東支部

暮らしに関する業務

HOME | 業務紹介 | 各種業務【暮らし】 | 外国人のビザ

外国人のビザ申請・帰化

外国人が日本で暮らすには

 
日本人と結婚したり、日本で働いている外国人の家族が日本で暮らしたい、日本に留学したい、などの場合は、「在留資格」という資格を取得して許可をもらう必要があり、許可が下りないと日本には約90日程度しかいられません。
行政書士は、代わりに申請書を作成することができます。
 
さらに、「申請取次行政書士」は、本人が出入国管理局に出向くことなく、代わりに申請書を提出したり、交付された新しい在留カードを受け取りに行くことができます。
 
外国人が日本人になることもできます。それを「帰化」と言います。よく外国人力士やサッカー選手が「帰化した」と聞きませんか?
帰化許可申請書作成も、行政書士が行うことができます。

私たち江東支部には約150名の行政書士が在籍しております。当ホームページの「行政書士を探す」から、依頼したい業務やお近くの行政書士を検索することが可能です。直接お電話やメールでお問合せいただくか、江東支部事務所へお電話やメールでお問合せください。江東支部でも行政書士をご紹介することが可能です。

行政書士の報酬は、事務所ごとに自由に設定できることになっております。よって報酬額は直接行政書士にお問合せいただき見積もりを依頼してください。

ご相談についても、行政書士ごとに相談料の料金設定が違います。直接お問合せいただいて直接ご相談いただくか、何を相談していいかわからない場合は、毎月各会場で無料相談会を行っております。是非ご利用ください。