東京都行政書士会江東支部

仕事に関する業務

HOME | 業務紹介 | 各種業務【仕事】 | 飲食店・風俗営業許可

飲食店営業許可・風俗営業許可申請

カフェや飲食店、クラブやゲームセンターを開店するには

行政書士業務の中で、飲食店・風俗営業許可申請は「独占業務」の一つです。

 
カフェや飲食店など、飲食ができるお店を開くには、「飲食店営業許可」が必要です。食品の安全性確保や、衛生上のトラブル発生を防止する為のもので、施設の設計や食材管理などに一定のルールを決め、それらを遵守して営業させるためのものです。
さらに、接客サービスを伴うお酒の提供をするクラブなどは、飲食店営業許可に加え、「風俗営業許可」が必要となります。風俗営業許可はパチンコ店、麻雀店、ゲームセンターも必要で、営業をする場所にも法律で厳しく制限があります(学校や病院等の近隣はNGなど)
行政書士は、これらの申請書はもちろん、提出に必要な店舗の図面も作成します。
 
営業しようとお店の場所を決めていざ申請!と思ったらその場所では営業できなかった!なんてことがないよう、まずは行政書士にご相談ください。

私たち江東支部には約150名の行政書士が在籍しております。当ホームページの「行政書士を探す」から、依頼したい業務やお近くの行政書士を検索することが可能です。直接お電話やメールでお問合せいただくか、江東支部事務所へお電話やメールでお問合せください。江東支部でも行政書士をご紹介することが可能です。

行政書士の報酬は、事務所ごとに自由に設定できることになっております。よって報酬額は直接行政書士にお問合せいただき見積もりを依頼してください。

ご相談についても、行政書士ごとに相談料の料金設定が違います。直接お問合せいただいて直接ご相談いただくか、何を相談していいかわからない場合は、毎月各会場で無料相談会を行っております。是非ご利用ください。